ほんのメモ

本を私なりに解釈したメモ

フェイクニュースを科学する「第3章 見たいものだけしか見えない情報環境 一.嘘がこだまする部屋」

f:id:pumpkintan:20190112185012j:plain

主題

我々は気が付かないうちに似た人たちどうしがつながる閉じた情報空間(エコーチェンバー)に引きこもる

SNSはエコーチェンバー化を促進し、我々の分断を加速する側面がある

人間の認知特性(確証バイアスと社会的影響)とSNS情報アーキテクチャが相互作用することで、 エコーチェンバーという虚偽情報が伝わりやすい環境が自然かつ高速に生じてしまう。

エコーチェンバーが生じる過程の体験型デモ

エコーデモ


フェイクニュースを科学する「第2章 見たいものだけ見る私たち 二.みんなからの影響」

f:id:pumpkintan:20190111191529j:plain

主題

我々は社会的ネットワークの社会的影響を受ける

我々は生活の多くの場面で他者から大きな影響を受ける

  • 我々は人が好きなものを自分も好きになる
  • 我々は他者の感情の影響を受ける
  • 我々は道徳的感情にも影響を受ける
  • 我々は似た者同士でつながる

よって、人々に拡散されやすいフェイクニュースは…

  • 受け手の意見や価値観、思い込みや偏見に合致するニュース
  • 受け手の(道徳)感情を刺激するニュース
  • みんなが評価しているニュース


フェイクニュースを科学する「第2章 見たいものだけ見る私たち 一.認知の癖」

f:id:pumpkintan:20190110203347j:plain

f:id:pumpkintan:20190110203727j:plain

主題

人は見たいように見る

我々は認知バイアスによって他者からの情報を過剰に評価してしまう

認知バイアスは200種以上あるが便宜的に4種に分類する。

1.情報過多 2.意味不足 3.時間不足 4.記憶容量不足
多すぎる情報に何とか対処するための癖 さまざまな手がかりを利用して、データから何か意味のあるものをつくる癖 限られた時間の中で迅速に判断し、行動するための癖 重要な情報を優先的に記憶するための癖

情報過多だから気が付くのは…

  • 変化
  • 奇妙さ
  • 繰り返し
  • 先入観との一致

意味不足だからギャップを埋める…

  • パターン
  • 一般性
  • 疑わしきは罰せず
  • より簡単な問題
  • 現在の考え方

時間不足だから思い込む…

  • 私たちは正しい
  • 私たちにはできる
  • 手近なものがベスト
  • 始めたものは終わらせる
  • 選択肢を残しておく
  • 簡単なのはベター

記憶容量不足だから記憶容量を節約する…

  • 記憶を編集して減らす
  • 一般化する
  • 例を記憶する
  • 外部メモリを使う

認知バイアスについて

認知バイアス一覧で社会心理学入門


フェイクニュースを科学する「第1章 フェイクニュースとはなにか 三.フェイクニュースの科学」

f:id:pumpkintan:20190109210214j:plain

主題

偽ニュースは速く遠くまで拡散する

誤情報は事実よりも遠く、深く、速く、幅広くカスケード(シェアが連鎖)する

  • 誤情報は真実よりも拡散しやすい
  • 情報拡散は自分の考えや価値観に一致する情報の場合に起こりやすく、また、反証する情報は拡散しない
  • 偽ニュースの拡散にはパターンがありAIが偽ニュースの検出に役に立つ可能性がある
  • 偽情報のほうが新規性を感じやすく噂になりやすい。 また、偽情報に接した人が驚きや恐れや嫌悪などの感情を抱いて、情報共有を求める傾向があるのではないかと推測できる。


フェイクニュースを科学する「第1章 フェイクニュースとはなにか 二.フェイクニュース小史」

f:id:pumpkintan:20190108182027j:plain

主題

本書で取り扱うフェイクニュースは、ソーシャルメディア時代の偽ニュース

テクノロジーを悪用することで虚偽情報を効果的に生み出し、拡散し、日常生活だけでなく民主主義にまで影響を与えてきたフェークニュース

フェークニュースの歴史

* トランプ大統領の誕生とフェークニュース
* ピザゲート事件
* フェイクニュース工場
* ロシアンゲート事件
* ケンブリッジ・アナリティカ


フェイクニュースを科学する「第1章 フェイクニュースとはなにか 一.フェイクニュースの全体像」

f:id:pumpkintan:20190107213552j:plain

f:id:pumpkintan:20190107213606j:plain

主題

フェイクニュースとは、偽ニュースという言葉におさまらない現象である。

フェイクニュースを理解するためには虚偽情報の種類、動機、拡散様式の三つを理解する必要がある。

同じ情報を何度もソーシャルメディアで目にするようになると、 よく確かめもせずにその情報を事実だと信じやすくなる。 その情報が自分の価値観と一致する場合はなおさらである。

【虚偽情報の種類】

分類 概要
風刺パロディ 害を与える意図はないが騙される可能性がある
誤った関連付け 見出し、画像、キャプションなどが内容と合っていない
ミスリーディングな内容 誤解を与えるような情報の使い方
偽の文脈 正しい内容が間違った文脈と共有されている
偽装された内容 正しい情報源が偽装されている
操作された内容 だます目的で情報や画像が操作されている
ねつ造された内容 だましたり害を与えるために新たに作られた100%嘘の内容


ルールリテラシー「最終章 ルールとは何か」

f:id:pumpkintan:20190106190917j:plain

主題

ルールを守り守らせるのは「力」ではなく「技術」

ルールは他者に行為を強制するものではなく、他者とゲームを共有する技術である。

ルールは協力を具体的に作り出すためのものであり、人々が同じ目的のために助け合うことを可能にする技術である。

ルールリテラシー 共働のための技術

ルールリテラシー 共働のための技術